あしたのチーム、カオナビ..聞いたことはあるけど結局なにができるの?

human-resources-cloud

あしたのチームやカオナビなど、昨今人事系クラウドサービスを導入する企業が増えています。

人事系クラウドや人材管理システム、HRシステムなど様々な呼び方がされているものですが、バックオフィスの業務を効率化するなど、企業で働く人々の生産性を向上させることが主な目的として活用されているのが特徴です。

自社でも人事系クラウド・人材管理システムを導入しようと考えていても、様々なシステムの中からどういったものを選べばいいのか悩んでいる担当者様も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、そもそも人事系クラウドというのはどういったものなのかという基本的なものから、導入することで得ることができるメリット、実際に選ぶ際のポイントなどを解説していきます。

そもそも人事系クラウドとは


そもそも人事系クラウドとは、クラウド型人事システムとも呼ばれており、インターネット上(クラウド)で操作することが可能な人事のシステムのことです。

企業の人事担当者が行なう日々の業務は、多岐に渡るためその管理はかなり難しいものとなっています。

  • 企業に属する全ての従業員のデータ管理
  • 人事評価をするにあたって必要な情報の管理
  • 勤怠・給与管理

簡単に上げたものでも、上記のような様々な情報の管理を行い活用することが求められている人事担当者の業務は複雑であり、できるだけ簡単にすることが理想となります。

こういった人事担当者が行なわなければいけない業務を効率化・高水準にするために様々な企業から提供されているのが人事系クラウド(クラウド型人事システム)なのです。

人事系クラウドでは、こういった多岐に渡っている業務の内容をまとめて、パソコンにわざわざアプリやソフトをインストールすることなくインターネット上で利用することができるのが特徴になります。

人事系クラウドを導入することで得られるメリット


ここまでの説明で人事系クラウドは、企業の人事担当者が行なう業務をソフトやアプリなどをわざわざダウンロードすることなくインターネット上で行うことができると簡単に理解してくれたのではないでしょうか。

そこで以下では、実際に人事系クラウドを導入することで得られるメリットについて紹介していきます。

人事部の業務を効率化


人事系クラウドを導入することで得られる最大のメリットは、人事部の業務を飛躍的に効率化することができるという点です。

人事部で様々な従業員に関するデータを、紙ベースで行なっている企業も多いのではないでしょうか。

例えば従業員の勤怠時間をエクセルに入力して、それをまとめたものを印刷して…など首を傾げたくなるような無駄な作業が未だに要求されている企業も日本にはあるのが事実です。

人事系クラウドでは、企業に所属している従業員の「氏名・電話番号・所属している部署・勤怠状況・人事評価に関する情報・保有しているスキル」などをクラウド上でまとめて管理することができるシステムが用意されています。

従業員のパーソナルなデータが変更になった場合でお、システムを通じて簡単に変更することができるので、今まで紙に印刷する作業やデータ入力に必要とされていた時間を節約することが可能です。

正確な人事評価


人事系クラウドではより正確な人事評価をすることが可能になります。

クラウド上で、従業員に関するデータを一括で管理することができるので、人事を担当する人によって偏りが生じるといった事態が生じずに評価をすることが可能です。

属人的な評価に頼りがちであった評価システムを、より適切かつ適正な評価をすることができるようになるので、社員のモチベーション維持や向上にも繋がること間違いありません。

特に人事担当者による偏った人事評価が目立っていた企業では、導入することで今までは適切な評価を受けていなかった人も正しい評価を受けることで、より企業として成長をすることができる可能性を秘めている可能性もあります。

過去の人事に関する評価内容は、全てクラウド上にて保存・蓄積されるため、過去のものと照らし合わせながら評価を簡単にすることができる点も大きなメリットといえるでしょう。

支店・店舗毎のやり取りを簡略化


勤怠データや人事評価などは、人事が多くの支店や店舗ごとに管理しなければいけないというのが従来の企業の人事現場における状況でした。

しかし人事系クラウドを活用すれば、遠く離れた支店や店舗でもリアルタイムで管理することが可能です。

そのため支店や店舗間でのやり取りを最小限にすることができるので、人事や店舗責任者の時間を浪費せず他の業務に集中することが可能になるのでより業務の効率化を図ることができます。

おすすめ人事系クラウドを紹介


以下では実際におすすめの人事系クラウドを紹介していきます。

それぞれの人事系クラウドの特徴や適した目的などを紹介していくので、ぜひ導入の際の参考にしてください。

顔写真で従業員を一括管理 カオナビ


カオナビは、顔写真が並ぶことが大きな特徴の人事系クラウドで、現在では1000社以上が導入をしています。

カオナビは人事系クラウドの中でも「カオと名前を一致する」ということに重きをおいており、カオだけではなく出身地や業務実績、趣味といった様々な情報を一括で管理することが可能です。

業務効率化・生産性向上だけではなく、カオと名前を一致して従業員のマネジメントをより濃密なものにすることによって離職防止にも繋げることが出来ます。

カオナビの主な特徴は以下の通りです。

  • 従業員の顔を伴った人事情報を確認できる
  • 顔写真入りの組織図を把握することができるので、人員配置や移動を効率化することが可能
  • 顔写真付きの人事情報をクラウド上で共有できるので、現場での細かいマネジメントができるようになる
  • 顔写真以外にも出身地や趣味などを段階的に共有できるようにできるので、従業員間のコミュニケーション活性化に繋がる

プラン名

価格

データベースプラン

39,800円/月

パフォーマンスプラン

59,700円/月

ストラテジープラン

79,600円/月


人事データを一括管理でマネジメントに活かす HutaCT


HutaCTは、人事データを一括で管理することができる人事系クラウドです。

人事に関係するデータが様々なところに分かれて保存されてしまっていると、人事部の人間としてはデータを集め評価を行なうのに苦労してしまいます。

そのためどの企業でも人事に関するデータを一元化して、できるだけ人事部の仕事を少なくすることが求められているのが現状です。

HutaCTでは、人事に関するデータを一元化し、人材管理・経営シュミレーションなどの様々なシステムに活用することを可能にしました。

つまり一元化された人事データを、従来の人事評価にだけではなく様々な目的に使用することができるのです。

  • 人事データの一元化による人事部の業務を効率化
  • 一元化されたデータから、適切な人材配置を行うことができるので、より企業として高いパフォーマンスを達成することができる
  • 人事だけではなく、社員自身が情報を更新することができるので、最新情報に基づいたマネジメントをすることができる

適切な人事評価を可能にする 評価ポイント


評価ポイントは、ポイントで客観的な人事評価を可能にする人事系クラウドです。

中小企業から大企業まで、現在では100社を超える企業が導入しており、より客観的な人事評価による従業員のモチベーションアップを図ることができます。

評価ポイントでは、ピアボーナスという評価制度があるのが大きな特徴です。

ピアボーナスとは、従業員同士が日常の優れた仕事に対して評価ポイントを送りあうことによって、相互評価・コミュニケーションを高めるという仕組みになっています。

従業員間で密なコミュニケーションをポイント評価によって取る事が可能になるので、より高い評価を得るために業務に取り組むなどの効果を期待することもできるでしょう。

評価ポイントの大まかな特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 評価ポイントを社員の間で相互に行なうことで、コミュニケーションや業務効率の改善を狙うことができる
  • ポイントが誰か送られたのかをグラフで簡単にチェックすることが可能
  • 従業員側も自身の評価を確認できるので、自分の長所・短所・評価されている点を分析することができる

【価格】
 初期費用:50,000円~
 利用料:700円/ID

目標管理を明確に HITO Link パフォーマンス


HITO Link パフォーマンスは、企業に所属している従業員の継続的なパフォーマンスをより良くするためのマネジメントを可能にする人事系クラウドです。

企業では、経営陣は中長期的な目標に向かって様々な経営目標を設定しますが、現場のほとんどの社員にはあまり馴染みが無く理解されないというのがほとんどの企業の現状になります。

HITO Link パフォーマンスでは、従業員1人1人の目標をより明確化することによって、達成しなければいけない直近の目標を簡単に理解することが可能です。

漠然とした経営目標を伝えられるよりも、1人1人が達成しなければいけない目標を明確にすることができれば、それを達成することができたかどうかによって、より適切な人事評価をすることができます。

適切な人事評価は、企業に属する従業員のモチベーションやパフォーマンスの向上にも繋がるので、企業として必要不可欠なものといえるでしょう。

HITO Link パフォーマンスの特徴は、以下の通りです。

  • 「Objective and Key Result」という独自のシステムで、従業員の目標をより明確化する
  • 明確化した目標によって、1人1人が達成しなければいけないことが分かる
  • 目標の達成ができたかどうかによって、適切な人事評価をすることができる

プラン名

価格

ライトプラン

300円/人

スタンダードプラン

500円/人

エンタープライズプラン

700円/人

面倒な人事業務を一元化 HR-Platform


HR-Platformは、人事部が行なわなければいけない面倒な業務を全てWeb上で一元化して管理することができる人事系クラウドです。

企業として経営目標を達成するためには、経営陣が設定した戦略を従業員1人1人まで落としこむことが必要になります。

そのためには目標を設定し管理をしなければいけません。

上司が管理する部下の面談を通して、大きな経営目標と個人の目標をそれぞれ従業員に理解してもらうことで、企業は飛躍的な成長を遂げることができます。

そのためには、目標の設定とそれを伝えた面談内容の記録、評価など人事が管理する情報をできるだけ一元化することによって、より正確な目標管理をしなければいけません。

HR-Platformでは、目標管理から人事評価までをすべて一元化することができるので、人事がより正確な評価と目標達成の為の従業員管理をすることが可能になります。

HR-Platformの特徴は、以下の通りです。

  • 目標管理・人事評価を一元化することで人事の業務における負担を軽減、業務プロセスを見える化することが可能
  • 評価に関するデータの集計を自動化することが可能
  • 「360度フィードバック」「従業員意識調査」「自己申告制度」などの調査サービスの利用が可能なのでより正確な人事評価に役立てることができる

全ての人事評価を残す あしたのクラウド


人事評価では、過去の履歴をしっかり残して、それに基づいた分析を行うことができるのが理想になります。

しかしほとんどの企業では、人事評価のシートをエクセルなどで管理しメールなどで現場と人事がやり取りするなどの煩雑な手順を要求されるのがほとんどです。

あしたのチームは、既存のあらゆる評価シートに対応しており、人事評価を過去の履歴に残すことによって将来の人事評価に役立てることができます。

今まで必要だった煩雑なエクセルやメールでの管理は全てクラウド上で行うことができるようになるので、業務の効率化・時短・コスト削減を達成することも可能です。

あしたのクラウドの特徴をまとめると以下のようになります。

  • 現在の評価基準をそのまま活用することが可能
  • 人事の評価に関する業務をより簡略化
  • 人事評価制度の構築・運用までサポートしてくれる

 

人事系クラウドを有効活用し従業員の生産性をアップさせる


人事系クラウドは人事の業務を効率化するだけではなく、経営戦略を従業員1人1人に理解させ落としこませることもできます。

人手不足が叫ばれている日本では、今後よりいっそう1人あたりの生産性を向上させることが必要不可欠です。

人事系クラウドなどのツールを上手く活用することができれば、人事部の業務の効率や正確性を向上させるだけではなく、企業全体の生産性を向上させることにも繋げることができるでしょう。

適切で正確な人事評価によって、従業員の効率やモチベーションを向上させて、離職率が少ない会社を目指すことによって人手不足に悩まされること無く、企業としてより成長することができるのではないでしょうか。

人事系クラウドの導入に悩まれている担当者の方は、ぜひこの機会に導入することを検討してみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でファミリービジネスオンラインをフォローしよう!

人気の記事



Copyright © 2020 family business online . All rights reserved.

Copyright © 2020 family business online .All rights reserved.