老舗企業の採用事情

saiyo

老舗企業の採用事情とは?成功と失敗から対策を考えよう

最近では起業する人が多くいるので新しい企業がたくさん出てきていますが、日本には200年以上前から仕事を続けている老舗企業もたくさんあります。

老舗企業は昔から企業として仕事をしてきているので、歴史や経験があり、「老舗企業で働きたい」と思う人も多くいます。

ただ「老舗企業の採用事情はどうなっているの?」と採用方法について知りたい人もいるでしょう。

老舗企業の採用情報を紹介していきます。

老舗企業の採用方法とは

老舗企業の採用方法はどのように行っているのか気になります。老舗企業はどのように人材を確保してきたのか以下をご覧ください。

メインは新卒採用

老舗企業の採用方法は新卒採用をメインにしています。
日本では今でも新卒採用から人材を確保することが多く、大卒者や高卒者をターゲットに人材の確保を行います。

人材を確保するときには老舗企業が新卒者を採用するのは、伝統と人材を育成しやすいためです。
日本では戦後以降、新卒者を採用して1から技術や知識などを教えていくことが企業のスタンスとして確保されています。

新卒者の場合は年齢も若いので、仕事も比較的覚えが早く、何年後かには仕事の戦力として貴重な働きをしてくれます。

老舗企業は新卒者をメインにした採用から人材の確保を行なってきました。

縁故採用による人材採用

老舗企業では親戚からの紹介、または親が自分の子供を紹介する縁故採用を使用して人材確保も行なってきました。

老舗企業では信頼感のある人物から人材を紹介してもらえれば、人間性や仕事の働き方についても信頼を持つことができる考えています。

採用するときに面接を行うだけでは、その人の性格や仕事に対する熱意や考え方を理解することは難しいです。

また、部長や課長などある程度の役職にいる人からの人材紹介は、人間関係や功績から縁故採用を持ちかけられると許可してしまう老舗企業も多いようです。

縁故採用も人材を確保のためによく用いられる方法です。

中途採用

老舗企業では中途採用で人材を確保しています。
人材派遣会社から中途採用の求人を出して仕事ができる人を探すことが多いようです。
中途採用の場合は企業によって年齢制限や応募条件などを提出して即戦力の人を採用する企業や、応募条件は特になく採用する企業とに分かれています。

ただ、中途採用の場合は人材が足らない場合に利用することが多く、新規採用のメインとして中途採用を行う老舗企業は少ないです。

Uターン採用

採用方法としてはUターンを利用して人材を確保することもできます。Uターンであれば異なる知識や魅力を発見することができるからです。

ただ、老舗企業ではUターンによる人材確保は積極的ではありません。Uターンでの人材確保は比較的新しい方法なので、導入している老舗企業は少ないです。

アルバイト

アルバイトによる採用で人材確保することもできます。
最近では老舗企業で人員が足りない場合はアルバイトによる人材確保は積極的に行われており、転職サイトに求人票を出して人材を募っています。

アルバイトによる補助から昇給する制度を出している老舗企業もあるなど、アルバイトの採用は積極的に行っているといえるでしょう。

老舗企業の採用方法の成功

老舗企業の採用方法から、どのような成功を収めてきたのか内容を知りたいはずです。老舗企業の成功は人材育成により仕事を安定化できることです。

老舗企業は新卒をメインにして採用しています。
新卒者の場合は高卒や大卒となっており、年齢が若いので仕事のスキルや知識をしっかり学ぶことができます。
人材育成を行うために研修内容を徹底して、外部研修を行う取り組みを行うなど、仕事の戦力として育て上げることができるように、取り組んでいます。

新卒をメインに育成を行っていくので、年数が上がってくれば仕事を覚えるようになり、戦力として企業を支える人材に成長してくれます。

人材育成のプランは企業により違いはありますが、仕事の戦力になれば毎年求人を出して採用する必要もないので、企業の仕事が安定しやすくなります。

老舗企業の失敗とは

 

老舗企業は採用を新卒メインとして人材を確保しますが、新卒者のみをメインとして他の採用方法をあまり取らないため人材不足になる企業が多いことです。

20世期であれば新卒者を採用することができれば、その人たちが定年まで企業に残って仕事をしてくれるので、育成した人材が戦力として企業を支えてくれました。

しかし、21世紀になれば新卒者を採用したとしても2〜3年以内に辞めてしまう人が増え、育成して戦力とさせる老舗企業のプランは成り立たなくなってきました。

また、企業数も増えてきたので、新卒の人たちが老舗企業情報を得ることが難しくなり、独立する考え方を持つ人も増えてきたので、実力のある人が企業に就職して定年まで企業に残ることは少なくなりました。

このような時代の変化もあり、老舗企業は人材を確保することが難しくなってきており、採用方法を見直す局面に立たされています。

老舗企業が取るべき採用方法とは

時代の変化と共に、新卒者をメインにして採用してきた老舗企業は人材難となっている所も多くあります。
そのため、老舗企業は採用方法を見直すことを検討する必要があります。

どのような採用方法を取ることができるのか紹介していきましょう。

中途採用を積極的に取り入れる

採用方法で中途採用を積極的に行うことができます。
老舗企業の中でも中途採用を行っている企業は多いですが、新卒に比べると採用に力を入れていないこともあります。

今では仕事を探しに人材派遣会社や転職サイトを利用する人も増えており、中途採用の枠を広げることにより人材を確保しやすくなります。
転職サイトや人材派遣会社への求人数を増やすことで、就職先を探している人に企業の情報を知らせることができます。

老舗企業の情報を広めることができれば、応募者も増えるので積極的に行うと人材を確保しやすくなります。

ただ、中途採用を利用するときにやり方を変える必要があります。
老舗企業では中途採用で有資格者の募集や経験者など、即戦力として期待できる人を求めていることが多いです。

しかし、ある老舗企業はその求人票では応募がなかったので、「有資格者の応募は難しい」

と判断したようです。そのため、有資格者を必須項目ではなく優遇とした条件い変更しました。
すると応募が6名ほど集まり、人材を採用できたようです。

中途採用で有資格者など条件を厳しくしてしまうと、人材を思うように集めることができないことがあります。
中途採用でも未「経験可」にするなど採用条件を広くすることも必要になってきています。

リファラル採用制度を取り入れてみる

リファラル採用制度を取り入れてみることもできます。
リファラル採用制度とは社員の元同僚や友人、知人といったネットワークを活用して採用推薦を行うことです。

リファラル採用は縁故採用と同等に見られることもありますが、縁故採用の場合は血縁を中心に考え、適正やスキルに応じて採用を判断しているわけではないので、少し違うと言えます。

新卒で人材を確保しても適正が合わない場合は直ぐに辞められてしまうなど、弊害が生じる可能性が高いです。

しかし、リファラル採用は自社の適正に合う人材を社員を通して情報を集めるため、より適正な人材を確保することができる可能性があります。

中途採用の幅を広げるなら利用してみることができる制度ですが、リファラル制度は新しい採用方法なので、採用を成功させるには、ある程度計画を持つ必要もあります。

採用結果が不透明な点などもありますが、採用方法として取り入れている老舗企業もあるので、検討してみることができます。

老舗企業の採用事情についてまとめ

老舗企業の採用方法について紹介してきました。
老舗企業では新卒をメインに採用をしてきましたが新卒だけではなく中途採用についても検討していく必要があるでしょう。老舗企業の中でも中途採用に注目している企業もいますが、全体的にはまだ少ないです。

老舗企業の今後の採用方法に注目していきたいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でファミリービジネスオンラインをフォローしよう!

人気の記事



Copyright © 2020 family business online . All rights reserved.

Copyright © 2020 family business online .All rights reserved.