これからの時代に必要なITツール

it-tool

老舗企業がこれからも生き残るために必要なITツール『Pace』を解説。

今の時代は、経営にITツールを使う企業が多くなっています。
ですが、老舗企業はITツールの導入が遅れており、簡単にできる作業にも工数をかけている場合があります。

そんな老舗企業でも、今すぐ簡単に導入できるITツール『Pace』。

この記事では、Paceについて紹介させて頂きます。

老舗企業がITツールを使うべき理由

Paceを紹介する前に、なぜ老舗企業がITツールを使うべきなのか簡単に解説しておきます。

おそらく、ITについて詳しくないことが理由で、ITツール導入をされていない企業が多いと思います。また、今までのやり方で慣れてしまっていて、急に変えるのが嫌と思う老舗企業も多いでしょう。

ですが、現在のITツールは誰でも使える簡単なものが大半です。
ITツールを使うことで、今まで工数のかかった作業を簡単に終わらせることができます。

固定費や原価の削減だけでなく、売上にも大きな影響を与えることができるITツール。
絶対に利用した方が良いですと言えるでしょう。

それでは、さっそくPaceについて解説していきます。

老舗企業でも使えるITツールPaceって?

Paceとは、業務管理ツールです。

1日に誰が何の作業をしているのか。
1日の売上や粗利はいくらなのか。

人間が作業すると、計算だったり報告だったりで多くの時間が失われます。
Paceを使えば、入力画面に打ち込むだけで解決。

人件費を大幅に削れるので、導入する価値はあると言えるでしょう。

Paceができること

Paceについて知って頂いたので、次は何ができるのかを解説していきます。

日報機能

案件ごとの業務内容や作業時間をまとめておくことが可能です。

これによって、納期までのスケジュールや、案件に対しての人件費などを把握することができます。

データ管理

Paceでは、多くのデータを管理することができます。

下記に管理できるデータをまとめておいたので、ご確認ください。

・顧客管理
・案件管理
・支払先管理
・原価管理
・請求管理
・入金管理

メンバー管理

個人単位で、時間の単価を設定することが可能です。

また、権限を振り分けることも可能なので、従業員が多い企業には素晴らしい機能だと思われます。

作業分析

日報に登録された案件ごとの業務内容や作業時間を把握できます。
個人がどれだけ会社に貢献しているかを、一目で見ることが可能です。

集計

様々な角度からデータを集計することができます。
月別売上、案件別や顧客別の売上など。
経営において大切なデータが集計されています。

利益シミュレーション

商品の単価や原価、販売数が変わった場合に、どのような利益を生み出すかを簡単にシミュレーションすることができる機能。

これから企業が、どの点を改善していけば良いのかを知ることができます、

Paceを使うメリット

人, 屋内, テーブル, 男 が含まれている画像

自動的に生成された説明

Paceができることを知って頂いたので、使うメリットを解説していきます。

・従業員の正当な評価
・赤字の原因を特定
・集計機能の充実
・経営のシミュレーション

従業員の正当な評価

Paceには日報機能があり、誰が何の作業をどれくらいの時間でやったのかを可視化することが可能です。

人件費を全体で見る企業は多いですが、個人単位で見ている企業は少ないでしょう。ただ、人の能力によって生まれる利益は違うので、しっかりと把握しておくべきです。

もし利益を上げている従業員が、利益のない従業員と給料が一緒ということに不満を持って辞められたら最悪じゃないですか?

従業員があっての会社なので、しっかりと正当な評価をする必要があります。正当な評価を行うためには、売上など会社への貢献度を個人単位で把握しないといけません。

Paceなら、それが簡単に可能です。

赤字の原因を特定

簡単に売上や粗利の計算ができるので、すぐに赤字の原因を特定することが可能です。

例えば、案件の単価に対して従業員の労働時間が長ければ、人件費が大きくなり赤字になります。

一つ一つの案件に対して、どれだけの人件費がかかっているかを一目で計算できるので、赤字の案件があれば進め方の修正などを行うことが可能です。

集計機能の充実

Paceは集計機能が非常に充実しています。

・月別集計
・案件区分別集計
・顧客別集計

お客さんや商品、サービスを区分して利益の推移をグラフや表で見ることができます。

ランキングでも見ることが可能で、何で利益が出ているのか、何が利益に繋がっていないのかも把握することが可能です。

経営のシミュレーション

Paceを使って事業の改善点が見つかったら、それを解決した際のシミュレーションを行いましょう。

シミュレーション機能を使えば、簡単に改善後の経営成績を見ることができます。

・単価
・販売数
・原価
・固定費

改善後の数字を入力するだけで、どのように経営が変わるか表示されます。
シミュレーションで改善する価値があると感じたら、実際に行動しましょう。

Paceを導入した事例

モニター, 画面, 持つ, コンピュータ が含まれている画像

自動的に生成された説明

実際にPaceを使った会社がどのように変わっていったのかは、公式サイトや色んな記事に掲載されています。

ここでは、簡単にまとめてみたのでご覧ください。

コンサルティング会社の導入事例

案件管理や受注管理に利用されているエクセルを使っていたようですが、誰が案件を担当しているのか、案件ごとにどれだけの時間がかかっているのかを把握するのが困難でした。

そこでPaceを導入したところ、案件ごとの売上や掛かった人件費、個人の業務を把握することができるようになったようです。難しい作業もなく、簡単に打ち込むだけなので、導入して大変満足されているようでした。

システム会社の導入事例

システム会社は、1つの案件に対して多くの従業員が取り組みます。
そのため、一人一人の業務内容や作業時間を把握するのが困難でした。

そこでPaceを導入したところ、個人の業務を簡単に把握することが可能に。
案件に使った人件費を把握することで、赤字になることを防ぐことができました。

また、スケジューリングが簡単にできるので、納期までの工数を正確に把握できるので、問題なく案件を進めることができました。

Paceを導入するべき企業

屋内, 床, 天井, 部屋 が含まれている画像

自動的に生成された説明

Paceを導入するべき企業は、原価の多くが人件費になる業態です。
例えば飲食店なら、食材費が大きな原価になります。

先ほど紹介したシステム会社やコンサルティング会社は、人件費が大きな原価になります。
Paceなら個人単位での業務や作業時間を把握できるので、人件費が大きくかかる業態にオススメ。

実際にPaceを利用している主な業態を下記にまとめておくので、ぜひ検討してください。

・Web制作会社
・システム開発会社
・企画会社
・広告代理店
・印刷会社
・コンサルティング会社
・人材紹介会社
・人材派遣会社
・建設会社
・建築会社/注文住宅
・リフォーム会社
・塗装会社
・学習塾
・士業

ご覧の通り、ほとんどが人件費が高くなる業態です。

老舗企業は、ITツールをうまく使おう!

人, 屋内, ノートパソコン, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

近年、ITツールは非常に便利なものになっています。
おそらく、これからも素晴らしいサービスがどんどん出てくるに違いありません。

老舗企業は、今までになかったツールに挑戦するべきです。
確実に、昔のアナログな時代よりも効率よく作業ができます。

会社に利益を残すには、二つしか方法がありません。

・売上を作って利益を上げる
・人件費などの費用を減らす

Paceを導入すると、人件費などの費用を大きく減らすことが可能です。
また、現状の経営問題を把握して、売上を上げるための施策を打つこともできます。

ぜひ、ご検討ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でファミリービジネスオンラインをフォローしよう!

人気の記事



Copyright © 2020 family business online . All rights reserved.

Copyright © 2020 family business online .All rights reserved.

老舗企業がこれからも生き残るために必要なITツール『Pace』を解説。

今の時代は、経営にITツールを使う企業が多くなっています。
ですが、老舗企業はITツールの導入が遅れており、簡単にできる作業にも工数をかけている場合があります。

そんな老舗企業でも、今すぐ簡単に導入できるITツール『Pace』。

この記事では、Paceについて紹介させて頂きます。

老舗企業がITツールを使うべき理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paceを紹介する前に、なぜ老舗企業がITツールを使うべきなのか簡単に解説しておきます。

おそらく、ITについて詳しくないことが理由で、ITツール導入をされていない企業が多いと思います。また、今までのやり方で慣れてしまっていて、急に変えるのが嫌と思う老舗企業も多いでしょう。

ですが、現在のITツールは誰でも使える簡単なものが大半です。
ITツールを使うことで、今まで工数のかかった作業を簡単に終わらせることができます。

固定費や原価の削減だけでなく、売上にも大きな影響を与えることができるITツール。
絶対に利用した方が良いですと言えるでしょう。

それでは、さっそくPaceについて解説していきます。

老舗企業でも使えるITツールPaceって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paceとは、業務管理ツールです。

1日に誰が何の作業をしているのか。
1日の売上や粗利はいくらなのか。

人間が作業すると、計算だったり報告だったりで多くの時間が失われます。
Paceを使えば、入力画面に打ち込むだけで解決。

人件費を大幅に削れるので、導入する価値はあると言えるでしょう。

Paceができること

Paceについて知って頂いたので、次は何ができるのかを解説していきます。

日報機能

案件ごとの業務内容や作業時間をまとめておくことが可能です。

これによって、納期までのスケジュールや、案件に対しての人件費などを把握することができます。

データ管理

Paceでは、多くのデータを管理することができます。

下記に管理できるデータをまとめておいたので、ご確認ください。

・顧客管理
・案件管理
・支払先管理
・原価管理
・請求管理
・入金管理

メンバー管理

個人単位で、時間の単価を設定することが可能です。

また、権限を振り分けることも可能なので、従業員が多い企業には素晴らしい機能だと思われます。

作業分析

日報に登録された案件ごとの業務内容や作業時間を把握できます。
個人がどれだけ会社に貢献しているかを、一目で見ることが可能です。

集計

様々な角度からデータを集計することができます。
月別売上、案件別や顧客別の売上など。
経営において大切なデータが集計されています。

利益シミュレーション

商品の単価や原価、販売数が変わった場合に、どのような利益を生み出すかを簡単にシミュレーションすることができる機能。

これから企業が、どの点を改善していけば良いのかを知ることができます、

Paceを使うメリット

人, 屋内, テーブル, 男 が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paceができることを知って頂いたので、使うメリットを解説していきます。

・従業員の正当な評価
・赤字の原因を特定
・集計機能の充実
・経営のシミュレーション

従業員の正当な評価

Paceには日報機能があり、誰が何の作業をどれくらいの時間でやったのかを可視化することが可能です。

人件費を全体で見る企業は多いですが、個人単位で見ている企業は少ないでしょう。ただ、人の能力によって生まれる利益は違うので、しっかりと把握しておくべきです。

もし利益を上げている従業員が、利益のない従業員と給料が一緒ということに不満を持って辞められたら最悪じゃないですか?

従業員があっての会社なので、しっかりと正当な評価をする必要があります。正当な評価を行うためには、売上など会社への貢献度を個人単位で把握しないといけません。

Paceなら、それが簡単に可能です。

赤字の原因を特定

簡単に売上や粗利の計算ができるので、すぐに赤字の原因を特定することが可能です。

例えば、案件の単価に対して従業員の労働時間が長ければ、人件費が大きくなり赤字になります。

一つ一つの案件に対して、どれだけの人件費がかかっているかを一目で計算できるので、赤字の案件があれば進め方の修正などを行うことが可能です。

集計機能の充実

Paceは集計機能が非常に充実しています。

・月別集計
・案件区分別集計
・顧客別集計

お客さんや商品、サービスを区分して利益の推移をグラフや表で見ることができます。

ランキングでも見ることが可能で、何で利益が出ているのか、何が利益に繋がっていないのかも把握することが可能です。

経営のシミュレーション

Paceを使って事業の改善点が見つかったら、それを解決した際のシミュレーションを行いましょう。

シミュレーション機能を使えば、簡単に改善後の経営成績を見ることができます。

・単価
・販売数
・原価
・固定費

改善後の数字を入力するだけで、どのように経営が変わるか表示されます。
シミュレーションで改善する価値があると感じたら、実際に行動しましょう。

Paceを導入した事例

モニター, 画面, 持つ, コンピュータ が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にPaceを使った会社がどのように変わっていったのかは、公式サイトや色んな記事に掲載されています。

ここでは、簡単にまとめてみたのでご覧ください。

コンサルティング会社の導入事例

案件管理や受注管理に利用されているエクセルを使っていたようですが、誰が案件を担当しているのか、案件ごとにどれだけの時間がかかっているのかを把握するのが困難でした。

そこでPaceを導入したところ、案件ごとの売上や掛かった人件費、個人の業務を把握することができるようになったようです。難しい作業もなく、簡単に打ち込むだけなので、導入して大変満足されているようでした。

システム会社の導入事例

システム会社は、1つの案件に対して多くの従業員が取り組みます。
そのため、一人一人の業務内容や作業時間を把握するのが困難でした。

そこでPaceを導入したところ、個人の業務を簡単に把握することが可能に。
案件に使った人件費を把握することで、赤字になることを防ぐことができました。

また、スケジューリングが簡単にできるので、納期までの工数を正確に把握できるので、問題なく案件を進めることができました。

Paceを導入するべき企業

屋内, 床, 天井, 部屋 が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Paceを導入するべき企業は、原価の多くが人件費になる業態です。
例えば飲食店なら、食材費が大きな原価になります。

先ほど紹介したシステム会社やコンサルティング会社は、人件費が大きな原価になります。
Paceなら個人単位での業務や作業時間を把握できるので、人件費が大きくかかる業態にオススメ。

実際にPaceを利用している主な業態を下記にまとめておくので、ぜひ検討してください。

・Web制作会社
・システム開発会社
・企画会社
・広告代理店
・印刷会社
・コンサルティング会社
・人材紹介会社
・人材派遣会社
・建設会社
・建築会社/注文住宅
・リフォーム会社
・塗装会社
・学習塾
・士業

ご覧の通り、ほとんどが人件費が高くなる業態です。

老舗企業は、ITツールをうまく使おう!

人, 屋内, ノートパソコン, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年、ITツールは非常に便利なものになっています。
おそらく、これからも素晴らしいサービスがどんどん出てくるに違いありません。

老舗企業は、今までになかったツールに挑戦するべきです。
確実に、昔のアナログな時代よりも効率よく作業ができます。

会社に利益を残すには、二つしか方法がありません。

・売上を作って利益を上げる
・人件費などの費用を減らす

Paceを導入すると、人件費などの費用を大きく減らすことが可能です。
また、現状の経営問題を把握して、売上を上げるための施策を打つこともできます。

ぜひ、ご検討ください。