老舗企業のSNS活用事例

sns-2

老舗企業は設立年数が長いので、いろいろなノウハウや経験を持っているでしょう。老舗企業ならではの独自の戦略のおかげで企業を長く経営させていることは1つの大きな実績となります。

しかし、時代は常に変化しており老舗企業でも時代に合わせた方法で自社のサービスは商品を宣伝することが大事です。新しい新設した企業ではSNSを活用しで企業の宣伝を行うことも増えてきていますが、老舗企業もSNSを活用していく必要があります。

SNSを使用すると得られるメリットやデメリット、活用効果や事例を併せて紹介していきます。

 

SNSで得られる効果とは

 

老舗企業がSNSを活用することで良い効果を得ることができます。どのような良い効果を得ることができるのか以下をご覧ください。

認知を拡大できる

SNSを利用するなら自分の企業の認知を拡大させる可能性を秘めています。SNSでTwitterは「いいね」や「シェア」などの機能があるので、企業としてのサービスをSNSに載せて「いいね」の数が多くなれば、それだけ企業の認知をたくさんの人がしていることになります。

また、一度シェアしてもらうことができれば、老舗企業で提供されているサービスや商品などをシェアしたユーザーが他の人に拡散してくれることも期待できるので、SNSに投稿するだけでたくさんの人に認知してもらうことができます。

老舗企業としてさらに認知を拡大したいならおすすめです。

無料で宣伝することができる

老舗企業で自社のアピールをする場合は、広告などを作成して宣伝することが多いかもしれません。しかし、広告を何百枚も作成しようと思えば広告費が必要になるので、宣伝するだけでもたくさんの費用が発生することになります。

しかし、SNSであればネットで自社のサービスを拡散させることができるので、費用はかからず、無料で商品やサービス内容を多くのユーザーに知ってもらうことが可能です。経費の削減にもつなげることになるので利用してみることが検討できます。

 

アナログ体質の老舗企業がSNSを使用するメリット

 

アナログ体質の老舗企業がSNSを活用するならメリットがあります。どのようなメリットを得ることができるのか以下の内容をご覧ください。

行動促進の効果

SNSにで老舗企業のサービスや商品を紹介するなら、顧客の購買行動を促進させる効果をも期待できます。ユーザーにとって利用したくなるようなサービスやキャンペーンを備えてSNS発信をするなら、顧客は「試しに」など活用したいと言う欲求が強くなります。

SNSならば多くの人がサービスに注目し興味のある人は細かく考えて商品やサービスチェックを行います。行動促進ば自分が思っているよりも大きな成果を生むことがあるので、SNSでの宣伝は始めてみることがおすすめです。

ファンを育成

SNSの場合はコミュニケーションを取ることができるので、SNS上で獲得したファンと投稿を通じたコミュニケーションを図ることでファンとして企業を応援してくれる人を育成することもできます。

根強いファンを育成することができれば、企業の提供しているサービスをいつも利用してもら得る可能性も高まり、ファンがSNSを拡散して企業のサービスや商品をさらに多くの人に宣伝してもらうことも期待できます。

老舗企業なら根強いファンもある程度付いているかもしれませんが、さらに新規のファンを増やすためにSNSばとても便利だと言えるでしょう。

 

SNSを活用するデメリットとは

 

老舗企業のイメージやサービスをさらに向上させるためにSNSを利用することができますが。活用するときのデメリットも知っておく必要があります。SNSを利用するデメリットは以下の2手点があります。

長期的にみる

SNSに企業の情報やサービスなどを載せて発信したとしても、直ぐに効果を得るわけではなく、認知してもらうためには時間がかかってしまうこともあります。たくさんの人がSNSで発信して、多数の企業もSNSを活用しているので発信して直ぐに認知してもらえなくても諦めずに発信するようにしましょう。

定期的にSNSで発信をするならユーザーからも徐々に認知してもらえるようになり、宣伝を効果を得られます。運用開始の際は中長期的な目線で考えていきましょう。

炎上するリスク

SNSは投稿内容によって炎上してしまうことがあります。炎上してしまうと企業に悪いイメージが付いてしまい、イメージアップではなくイメージダウンしてしまうことになります。

SNSではどのような内容が炎上するのか分かりませんが、炎上している投稿には失言や嘘に似た情報など反感を買うような内容が載せられているものです。炎上のリスクを最小限に留めることができるように投稿内容には注意するようにしましょう。

 

老舗企業のSNS活用事例

 

SNSを活用することで企業にとっては良い効果を得ることができます。ただ、「実際にどのような効果があったのか?」と活用事例にについて知りたい人もいるでしょう。老舗企業の活用事例は以下のようなものがあります。

銀座千疋屋

千疋屋は1894年に創業した高級果物を販売しているお店です。千疋屋は若い人にもお店の存在を知ってもらおうとFacebookを活用したりECサイトを構築して集客を効率よく行えるように工夫しました。

Facebookでは思うような成果を得られませんでしたが、ECサイトではインスタグラムに投稿されている写真を許可を得ながらサイトに載せることで若年層の顧客を集めることに成功しました。今では若い人の購入も増えて売り上げを伸ばしています。

メロディアン

メロディアンは創業62年の老舗食品メーカーです。新型コロナの影響で店頭販売の売上が下がったのでSNSを活用して売上向上に着手しました。SNSではTwitterやインスタグラム、LINEを利用してキャンペーン情報を配信して多くの人に商品情報とお得なサービスの宣伝を行なっています。

SNSを利用して宣伝することで若年層も取り込めるように営業努力をしています。

ユニクロ

ユニクロはSNSを利用して、プラットフォームに合わせたコンテンツ企画力で成功を収めています。SNSではユーザーの属性や年齢層に合わせて最適化された独自のコンテンツを配信して最新の服装やコーディネートを紹介しています。

アーティストとコラボすることでおしゃれ感を倍増させてユニクロの服のイメージをアップさせ多くの人にユニクロの服を宣伝しています。

SNSの特性を生かしたコンテンツ配信によりユニクロの服の購買促進を向上させています。

シャープ

シャープもSNSを運用してファンの育成を行なっています。シャープはSNSの中でもTwitterを利用しており、ユーザーからのリプにはできるだけ反応してコメントへの返信を行なっています。

SNSのコメントにはユーザーからの疑問や提案、などが発信されているので、その疑問に返信することでファンを惹きつける原動力となっています。

シャープの返信率は早いと言う評判をSNSで得ているので実際にファンの数を着実に増やしています。老舗企業のファン化やブランディングを進めていきたいならSNSを活用するようにしてみましょう。

 

老舗企業のSNSの活用まとめ

 

SNSを活用することで老舗企業のメリット、デメリット、また老舗企業の活用事例についての効果について紹介してきました。

老舗企業がSNSを活用することができれば、次式の商品やサービスの認知度は向上しファンもたくさんつく可能性があります。SNSの効果を得るためには時間がかかり炎上対策も行う必要がありますが、ぜひ活用して企業の力を引き出せるようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でファミリービジネスオンラインをフォローしよう!

人気の記事



Copyright © 2020 family business online . All rights reserved.

Copyright © 2020 family business online .All rights reserved.