都内で流行りの顧問サービスとは?

・顧問サービスについて知りたい
・会社の経営をサポートしてくれる優秀な人材が欲しい

上記のような悩みを解決していきます。

企業して間もない経営者などは、経営に関して大きな不安や疑問を抱いているでしょう。

顧問サービスを利用すれば、経営に詳しい優秀な人材を顧問として迎え入れることができます。
経営に関して不安や疑問を持っている方は、本記事をご覧下さい。

 

顧問サービスとは

 

顧問サービスとは、大手の企業などで重要な役職について経営を管理していた人材と、経営に関しての知識が浅く不安を持っている企業をマッチングさせるためのサービスです。

経営に関して詳しい人材を顧問として迎え入れることで、経営が一気に強くなります。これから会社を企業しようと考えている人や、今の経営に危機感を覚えている人は非常におすすめのサービスです。

 

顧問サービスの料金体系

 

顧問サービスを利用するのであれば、4種類の料金体系があります。

・入会金

・月額利用料

・顧問への報酬

・仲介手数料

「月額利用料」と「顧問への報酬」は、絶対に必要な支払いです。

「入会金」に関しては、企業によって異なるので確認しておきましょう。

「仲介手数料」は、顧問サービスの種類によって異なるので次で解説していきます。

 

顧問サービスの種類

 

顧問サービスのメリットとデメリットを紹介する前に、種類が大きく2つあるので確認しておきましょう。

コンサルティング型

コンサルティング型は、人材紹介会社と似ています。

企業に人材を派遣して、顧問契約を締結するまでサポートして頂けるので、自社で人材を探す手間などが省くことが可能です。

注意点としては、仲介業者を挟むので多くの費用を払わなければいけません。

マッチング型

マッチング型は、タウンワークなどに似ています。

企業が欲しい人材を専用サイトで開示したら、応募が来るので面接などを得て人材を選定するタイプです。

自社内で探す必要がありますが、仲介手数料などが取られないので費用の面では大きなメリットになりますね。

注意点としては、経営の初心者が顧問を選定するとミスマッチが起こりやすいので、慎重に検討しなければ契約後に後悔する可能性があります。

コミュニケーションも大切ですが、どのように会社に貢献して利益をもたらせるのか確認しておきましょう。

 

コンサルティング型の顧問サービスを受けるメリットとデメリット

 

それでは、顧問サービスを受けるメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット:時間をかけずに顧問を見つけられる

コンサルティング型は、仲介業者を挟んで顧問を選定するので、時間をかけずに見つけることができます。

自社内で顧問を探すとなれば、選定からメッセージのやり取り、面接まで全て受け王妃強王があるので面倒です。

自社内のリソースを使わないで顧問を見つけたいと考えているのであれば、コンサルティング型の顧問サービスをおすすめします。

メリット:契約内容などをプロが仲介して確認してくれる

コンサルティング型は、今までに多くの企業と顧問を繋げてきた実績があるので、知識も豊富です。

何の知識もない素人が契約をすると、不利な状態になっていることはよくあります。

仲介業者が入れば、プロの目線から契約内容などを確認してくれるので安心ですね。

デメリット:仲介手数料が発生する

コンサルティング型は仲介企業を挟むことになるので、手数料が発生します。

手数料は企業によって全く異なるようですが、契約金の10〜30%が相場のようです。

仲介手数料を支払う余裕がない企業は、自社で探した方が良いですね。

デメリット:ミスマッチが発生する可能性がある

仲介業者に自社が欲している人材を正確に伝えなければ、希望と全く異なる人材を紹介される可能性があります。

自社で抱えている不安や、どのように経営を改善していきたいかなどを伝えることで、人材のミスマッチを防ぐことが可能です。

 

マッチング型の顧問サービスを受けるメリットとデメリット

 

それでは、マッチング型の顧問サービスを受けるメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット:多くの人材と話すことができる

自社内で人材を探すことで、多くの顧問と話し合うことができます。

仲介業者を挟むと指定された人材としか面談ができませんが、マッチング型だと応募が来た全員と話すことが可能です。

多くの人材を見ることで、最も企業に合う人材を選定することができますね。

メリット:仲介手数料がかからない

マッチング型だと、仲介手数料なしで契約をすることができます。

自社内で探す面倒はありますが、費用に限界があるなら自社で探すことによって負担を減らしましょう。

注意点としては、サイトによっては手数料を取られる場合があります。ただ、仲介企業を挟むよりは安く済むので安心して下さい。

デメリット:契約内容が不利になる可能性がある

自社内で探す最大の危険性は、何の知識もない状態での契約になるので、企業が不利になる契約が盛り込まれていても気付かない点ですね。

契約後に、自社が認識していた業務量と異なっていたり、追加で支払いが増えるなどはよくあります。

費用がないのであれば仕方ないですが、可能ならプロに契約内容を確認して頂いた方が安全です。

デメリット:選定までに時間がかかる

自社内で顧問の人材を探すとなれば、選定までに時間がかかります。

早く顧問を迎えいれたいと考えているのであれば、コンサルティング型の顧問サービスを利用しましょう。

絶対にやっていけないのは、自社内で探して焦って契約することです。

何の知識もない状態で、人材の選定をしないで契約するのは非常に危険なので、時間を使って選定をできる場合のみマッチング型の顧問サービスを利用しましょう。

 

顧問サービスは積極的に利用するべき

 

この記事では、顧問サービスについて解説していきました。

経営に不安があるのであれば、顧問サービスは積極的に利用するべきです。

顧問サービスを利用するのであれば、「コンサルティング型」と「マッチング型」の2種類あるので自社に合う方を選びましょう。

最後に2種類のメリットとデメリットをまとめておきます。

コンサルティング型の顧問サービスを受けるメリットとデメリット

・メリット:時間をかけずに顧問を見つけられる
・メリット:契約内容などをプロが仲介して確認してくれる
・デメリット:仲介手数料が発生する
・デメリット:ミスマッチが発生する可能性がある

マッチング型の顧問サービスを受けるメリットとデメリット

・メリット:多くの人材と話すことができる
・メリット:仲介手数料がかからない
・デメリット:契約内容が不利になる可能性がある
・デメリット:選定までに時間がかかる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でファミリービジネスオンラインをフォローしよう!

人気の記事



Copyright © 2020 family business online . All rights reserved.

Copyright © 2020 family business online .All rights reserved.