M&Aプラットフォームとは?おすすめのサイトも紹介!

whats-ma-platform

経営者であれば自分の事業の拡大や後継者選びなどを考えることもあるでしょう。
その場合はM&Aを考えることもあるはずです。
M&Aを行うことで会社の合併や株式分割、買収をなどを行いやすく、事業を効率的に拡大していくことも可能です。

ただ、M&Aを行うならプラットフォームが確立しているマッチングサイトを選ぶのがいいですが、「どんなマッチングサイトがいいの?」「利用するメリットはあるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。
今回はそういった内容について徹底紹介していきます。

M&Aマッチングサイトを利用するメリット



M&Aを行うときにマッチングサイトを利用することができますが「なぜプラットフォームが確立しているマッチングサイトを利用するのがいいの?」とメリットについてついて知りたいでしょう。

M&Aのマッチングサイトを利用するなら以下のようなメリットがあるからです。

短期間で経営戦略の目的を遂行することができる


自分の事業を拡大することや多様化する際に相手企業を探す必要がありますが、自分の経営戦略にマッチングする企業を探すのは難しいです。
各企業によって求めている利益に違いがあるので、自分の経営戦略に合う企業をツテや独自の方法で探すのは時間がかかり非効率です。

しかし、M&Aのマッチングサイトを利用するなら、企業の情報を知っておりいろいろな企業が提携しているので、自分の経営戦略に合う企業を短期間で見つけて話を進めていきやすいです。

短期間で自分の経営戦略に合う企業を見つけてM&Aすることができれば、他のライバル企業とも差をつけることができ、経営が失敗するリスクも軽減されます。
経営戦略の目的遂行はスピード勝負なので、その点でM&Aのマッチングサイトは効率性があります。

たくさんの情報を得ることができる


M&Aのマッチングサイトを利用するなら企業の情報を知ることも可能です。
守秘義務などもあるので細かい情報を知ることは難しいですが、どんな業種の企業が何を求めているのか分析することは可能です。

M&Aのマッチングサイトを利用して事業拡大や事業の多様化などを相談するなら、自分の目的に合う企業はもちろん、いろいろな経営者の考え方や流れなども担当者を通じて理解することもでき、経営の戦略として考えることもできます。

事業の拡大や多様化、また弱みを補強するためには情報が必要であり、選択肢を増やしていくことが大事です。そのためにもM&Aマッチングサイトを利用するのがおすすめです。

費用を抑えて相手企業を探すことができる


M&Aのマッチングサイトを利用するなら、費用を抑えると可能です。
事業拡大や合併などを行うなら費用が発生しますが、M&Aの期間や取引内容によって負担は変わってきます。

もし、M &Aが長びくならそれだけ経費が発生するので費用は大きくなっていき、また相手との交渉の際にも金額を大きく見積もられることもあります。

しかし、M&Aのマッチングサイトであれば短期間で相手企業と商談を成立させることが可能なので費用負担を抑えることができ、また業務提携や買収の際の金額も仲介者が介入してくれるので自分の意見も取り入れてくれます。

M&Aでは大きな金額のお金が動くので費用はしっかり考えることが大事です。
費用の点で節約したいことを考えているなら、尚のことM&Aマッチングサイトを利用するのがいいでしょう。

仲介者がいるので安心感を感じられる


M&Aを行うときは相手との信頼関係も大事になります。
M&Aによる事業提携や合併などは大きなお金が動くので、相手企業が目的に応じて行動してくれないと大きな損失を被ることになります。

もし、途中で契約がこじれたり、金銭面などで問題が生じると大きなトラブルと発展して面倒なことになります。
しかし、M&Aマッチングサイトを利用するなら仲介者がいるので、トラブルに発展することはありません。

契約の段階からお互いの目的まで綿密に打ち合わせをして、双方が納得する内容となるようにまとめてくれるので、トラブルに発展することがないように注意してくれます。

M&Aによって企業の運命も変わるため保証や安心感が欲しいならプラットフォームが確立したマッチングサイトを利用するのがおすすめです。

M&Aマッチングサイト利用時のデメリットとは


M&Aのマッチングサイトを利用するときはメリットだけでなくデメリットも考慮することが大事です。
メリットばかり見ているなら予想と反したことが起きて慌ててしまうことになります。M&Aマッチングサイトでのデメリットは以下の点です。

最適な企業が現れないこともある


M&Aのマッチングサイトであれば自分の希望した内容に合う企業が見つかる可能性はあります。ただ、可能性が高いだけで確実とは言えません。
自分の希望した目標値や内容が高いなら、それだけマッチングする企業の幅も狭くなり、多くのM&Aを考えている企業と連携しているマッチングサイトでも見つからないこともあります。

マッチングサイトで希望の企業が見つからないなら、内容を改善して目標値を下げるか納得できる企業が現れるまで待つのか選択する必要があり、熟考を求められます。
最適な企業が見つかる可能性を信じて待つ選択もいいですが、時間が流れていくだけで無駄に終わる可能性もあるので損失が出てしまうこともあります。

M&Aのマッチングサイトを利用しても確実性とは言わないことは覚えておきましょう。

債務をひきついでしまい狙った利益を得られないこともある


M&Aのマッチングサイトを利用するときは簿外債務や偶発債務を引き継いでしまう可能性もあります。
M&Aを行うときは、買い手側も売り手側の会社の情報を確認するために賃借対象表などを確認しますが、偶発的な債務がM&Aをした後に発生することもあり、その場合は思わぬ費用負担が発生することになります。

偶発的な債務の費用負担が会社で賄える負担であれば問題ありませんが、数億〜数十億という金額になってくるなら、M&Aで利益を得るどころか損失が大きくなってしまい会社経営が困難になってしまうこともあります。

M&Aによる利益やメリットを守るためにも相手企業に対して詳細な調査をして財務状況の確認などを行うようにしましょう。

M&Aのマッチングサイトを選ぶコツとは?



経営をしっかり行うためにM&Aを行う予定であるなら、マッチングサイトを利用するのがおすすめです。
ただ、M&Aのマッチングサイトも複数あるので、選び方を知っておく必要があるでしょう。
プラットフォームが確立されているマッチングサイトを利用するためコツは以下のようになります。

利用者数の規模


M&Aのマッチングサイトを見るときに利用者数の確認をすることは大事です。多くの人は登録しているマッチングサイトであるなら、それだけ信頼をして利用している証拠となるからです。

また、利用者数が多いなら、それだけ自分の希望に合いそうな企業とマッチングしやすくもなるので、M&Aが短期間で完了できる可能性も高くなります。
利用者の数が多いなら信頼と提携期間で安心感を抱くことができますが、その際に有料なのか無料なのかも確認しておきましょう。

無料であれば必然的に利用者が多く有料は少ない登録数となります。
しかし、有料の場合は内容が充実していることもあるので、その点を確認しながらマッチングサイトを見極めていきましょう。

業種との相性と専門性を確認


M&Aのマッチングサイトでは業種の相性と専門性の確認も大事になります。
自分の業種と違う系列の業種に特化したマッチングサイトを選ぶならM&Aの成立は困難となり、交渉自体を取り決めることが難しくなります。

また、妥協してM&Aを成立させたとしても、業種の違いから損失を出してマイナスになってしまう可能性も高くなります。
そのため、自分業種に合っているマッチングサイトなのか内容を確認してから登録して利用することを考えるべきです。

また、マッチングサイトの専門家から適切なアドバイスをもらうことができるのかも確認する必要があります。
M&Aの際は専門的な部分もあり、自分がよく分からないこともあるでしょう。
その際に担当者が専門的なアドバイスをして、自分が理解した上でM &Aを進めていくことが必要です。

そのため、無料のカウンセリングなどを利用してマッチングサイトの担当者が専門的知識があり、M&Aの取引をしっかりサポートしてくれるのか確認することも必要です。
これらのコツを覚えておき、マッチングサイトを選ぶようにしましょう。

おすすめのM&Aのマッチングサイトとは



M&Aのマッチングサイトの選び方が分かっても「実際にどのようなマッチングサイトがあるの?」と悩んでしまう人もいるでしょう。
そのため、安心して利用できるおすすめのM &Aマッチングサイトを紹介します。

 

事業継承総合センター


事業継承総合センターは中小企業の事業継承型M&Aを得意としています。複数の買い手企業を保有する仲介会社と複数提携しているので買い手情報は1万件以上という数になっています。

着手金もなくクライアントへの質問や説明も豊富になっているので専門的知識も期待でき、事業継承を考えている人にとっては前向きに考えることのできるマッチングサイトです。

事業継承総合センターホームページ>>

 

TRANBI


TRANBI(トランビ)は国内でも最大級となっており、事業を売る側も買う側もスピーディーに契約がまとめる可能性が高いマッチングサイトです。
なぜなら、平均11社の買い手が10日以内に見つかり買う側も国内外含めて800件以上の案件から探すことができるからです。

専門家も経験豊富で無料で紹介してもらうことができ、手数料も無料なのでM&Aを考えている会社にとってはメリットが大きいです。利用を考えてみましょう。

TRANBIホームページ>>

 

M&Aのマッチングに関してまとめ


M&Aを行うときはプラットフォームを確認し、コツを押さえて選ぶことが大事です。M&Aを行うことは慎重さも求められるので、特に専門性や信頼などを確認してマッチングサイトを利用することが大事です。
しっかり選ぶなら自分にとっても満足のいく取引となるので、ぜひ前向きに検討してください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でファミリービジネスオンラインをフォローしよう!

人気の記事



Copyright © 2020 family business online . All rights reserved.

Copyright © 2020 family business online .All rights reserved.