経営者コミュニティって何?

企業を背負って立つ経営者にとって同じ目線で話すことができる人と集まり情報交換する、という機会はなかなかありません。

経営者同士でコミュニケーションをとることができれば、刺激を受け新たな事業のきっかけや新規取引先の開拓など様々なきっかけになる可能性があります。

そこで本記事では経営者が集う様々なコミュニティについて解説。

コミュニティの中で経営者同士交流することによって、学びや気づきを得ることが可能であり、それによって更なる自身の成長と企業の発展を成し遂げることができるでしょう。

是非最後までご覧ください。

 

経営者が集う「コミュニティ」とは


owner-community-type_1
経営者が集い他業種の人々と出会い、情報交換することができるのが「コミュニティ」です。

現在ではコミュニティといっても、企業が運営するイベントから、個人が設立しているオンラインサロンなど幅広く存在しているのが特徴です。

どういった媒体で運営されているコミュニティであっても、以下のような機会を得ることができるのが共通しています。

  • 経営力向上
  • 幅広い異業種間での人脈形成
  • 最先端のビジネスに関する情報

     

経営力向上


経営者が集うコミュニティ内では様々なイベントや講義などが行われています。

経営者間でバトンタッチしながら現在の最先端ビジネスに関する講義を行ったり、参加者同士で議論を交わしながら現実的な事業計画などの構築を行なったりしているのです。

幅広い業種間での人脈形成


コミュニティに集う人々は経営者という共通点はありますが、それぞれ行っている事業の業種は全く異なっています。

そのため普段の仕事の中では付き合うことのできない別の業種の人々と、コミュニティを通じてコミュニケーションを取ることができるでしょう。

全く関係ないと思っていた異なる業種の人々が行なっているビジネスが、実は自分の行っている事業とマッチしているということも考えられます。

そういったところから更なる自社の発展や、新しい事業の発足などにつながる可能性もあるでしょう。

最先端のビジネスに関する情報


コミュニティに集まる人々は自分の業界だけではなく他の業界に関する事業も知りたい、学びたいという人がほとんどです。

そのためコミュニティを通じて、経営者から最先端の他の業界に関するビジネスについての情報を得ることができます。

自分が事業を展開している業界から他の業界を知ることができれば、新しいビジネスにつながる可能性もあるでしょう。

また最先端のビジネスがどういったものなのか、現在何が流行っているのかなども知ることができるので、ビジネスに関する感度が高い経営者にとってかなり有益といえます。

経営者が集う様々なコミュニティを紹介


owner-community-type_2
経営者が集う様々なコミュニティについて以下で紹介していきます。

1. リーダーズ倶楽部


諸外国とは異なり日本では新しく0から事業を起こすという「創業家」というのは、あまり多くありません。

確かに独創的で革新的なビジネスアイデアとテクノロジーを駆使して、新しく市場を創出したり価値があるビジネスを生み出すというのは難しいでしょう。

リーダーズ倶楽部では、「次世代のアントレプレナー(0からビジネスを生み出す創業家・企業家のこと)」を創出することを目的として、幅広い業種の経営者の方々が出会いや交流を行っています。

2004年からテレビ番組「賢者の選択」を通じて、日本の最先端でビジネスを行っている人々の姿を映し、人々に対して起業家や創業家、経営者はどういったことを行っているのかを積極的に発信しています。

中小企業・ベンチャー企業・上場上場企業を筆頭に、1人だけで事業を行っている人や外資系・士業など、様々な業界にわたる経営者が参加しているのが特徴です。

【参加しているリーダーが所属している企業の例】

  • 株式会社エイチ・アイ・エス
  • SBIホールディングス株式会社
  • 株式会社日本 M & A センター
  • 株式会社資生堂
  • 株式会社メディネット
  • 大和ハウス工業株式会社

     

【リーダーズ倶楽部ホームページ】https://kenja-club.com/leaders/

2.次世代経営者 コミュニティサイト


次世代経営者コミュニティサイトは株式会社インクグロウが運営している、経営者のためのコミュニティです。

日本の経済を支えている主に中小企業の次世代経営者が、交流を通じて学び、人脈を得て、情報交換を行うことが目的のユーザー参加型サイトになります。

地域の金融機関と協力しながら、企業を背負っている次世代経営者の人々に対して、経営において重要なスキルやマネジメント術などについてのセミナーの開催などを行なっているのが特徴です。

また交流の場もさまざまな形で提供しており、経営者同士で情報交換を行いながら豊富な人脈を獲得することができます。

運営元の株式会社インクグロウは、中小企業に対してのビジネスマッチング支援や経営コンサルティングなどを行っており、経営者や企業をサポートする能力が高く、安心してコミュニティを利用することができるでしょう。

【次世代経営者コミュニティサイト】https://www.ngpc.jp/#/landing

3. 堀江貴文サロン


現代では個人から始まったオンラインサロンというのも、経営者が交流の場を持てるコミュニティとして大きな役割を果たしています。

その中でも一番有名なのが、株式会社ライブドア元代表取締役社長である堀江貴文氏が運営する「堀江貴文サロン」です。

参加者は起業家や投資家、日本の最先端技術を支える技術者などが多く、主に他業種間のコミュニケーションや情報交換を目的に運営されています。

堀江貴文サロンの大きな特徴は、サロンではなく会員が主導で様々なイベントや講義などを行うということです。

ディスカッションや経営者同士の交流など積極的に行われており、他の業種で最先端を行く経営者の人々からその精神やスキルを学びたいという人にとっては、最適のコミュニティといえるでしょう。

主な活動はFacebookの非公開グループ内で行われており、堀江貴文氏の投稿はもちろんのこと、各界で著名なゲストがメンバーとして参加するのも大きな特徴です。

【著名な参加者】

  • 株式会社サイバーエージェント代表取締役社長:藤田晋
  • 株式会社KADOKAWA・DWANGO取締役夏野剛 

【堀江貴文サロン】:http://salon.horiemon.com/

4.YPP交流会


YPP交流会は株式会社Key-partnersが運営する経営層の交流コミュニティです。

毎回100名以上の経営者層が集まり交流をしながら、人脈獲得や営業活動をすることができるコミュニティになります。

投資家なども多く参加しているのが特徴であり、経営者層のみならず投資家と交流することによって、資金調達を図ることができるのも大きな特徴です。

参加者の約6割から7割が取締役以上の職についている人々であり、交流を通じて様々なコミュニティを形成しているのも魅力的な点といえます。

また社長だけで海外に行き、現地でアクティビティや勉強会を通じて、シナジーや新たな関係性を生み出すためのツアーも行っており、イベントなどを通じて経営層と交流を図りたい経営者にとっては最適のコミュニティでしょう。

現在はオンラインでも交流活動を積極的に行っており、大手企業の経営者をゲストに招いて、マネジメント術や経営者にとって必要なスキルを共有しているのも印象的です。

【YPP交流会】https://key-partners.jp/activity/communitymanagement/ypp

5. SMBC 経営者交流会

 
SMBC 経営者交流会は三井住友銀行が運営している、経営者に向けた交流会になります。

交流会を通じて三井住友銀行の役員や会員とコミュニケーションを行うことができるため、三井住友銀行と良い関係を築きたい経営者にとっては最適のコミュニティです。

特に資金調達で悩んでいる経営者にとっては、三井住友銀行という日本でも有数のメガバンクから融資を受けるきっかけになる可能性もあるでしょう。

銀行との交流だけではなく、参加している人々も全国で活躍している経営者層が揃っており、新規ビジネスのアイディアや、既存の事業における顧客となりうる人々を見つけることができるかもしれません。

6.ダイヤモンド経営者倶楽部


週刊ダイヤモンドでおなじみのダイヤモンド社が提供しているのが、ダイヤモンド経営者倶楽部です。

数多くの有名企業が名を連ねており、定例会を通じて経営者同士が交流を行なっています。

テーマを分けて研究会やサロンなどの活動も行なっており、 他業種に関する情報を経営者から直々に学べることができるのもこのコミュニティの大きな特徴です。

【ダイヤモンド経営者倶楽部】https://www.dfc.ne.jp/

7.社長さん会 


社長さん会は渋谷と横浜で行われている経営者限定の異業者交流会です。

この交流会では参加者の質を保つために、企業での決裁者や個人事業主しか参加をすることが認められていません。

そのため異業者交流会特有の営業など受ける心配もなく、経営者同士で人脈形成やビジネスに関する議論を交わすことができるでしょう。

【社長さん会】http://shachosankai.com/

まとめ


owner-community-type_3
今回は企業を背負って立つ経営者のコミュニティについて詳しく紹介してきました。

現在ではイベントや交流会だけではなく、 オンラインサロンを通じた手軽な経営者同士の交流というのも幅広く行われています。

オンラインサロンは、地方からわざわざ東京へ経営者との交流のために足を運ぶという手間もなくどこにいても経営者同士でコミュニケーションを取ることができるのが魅力的です。

コミュニティによって趣旨や目的が大きく異なるので、自分に適しているコミュニティを探すというのも必要になります。

今回紹介した内容をもとに、自分にとって最適のコミュニティを見つけてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でファミリービジネスオンラインをフォローしよう!

人気の記事



Copyright © 2020 family business online . All rights reserved.

Copyright © 2020 family business online .All rights reserved.