企業のミッション、ビジョン、キャッチコピーまとめ【観光業界編】

company_travel

会社の経営をする際に大事になるのが会社の経営理論を定めることです。
企業は闇雲に経営をしているだけでは、目標が定まらないため従業員も仕事に信念を持つことができず、作業効率が落ちてしまうことがあります。

成功している企業は経営のミッションやビジョンをしっかり持っているのも1つの特徴です。
いろいろな会社が経営理論を持っていますが、とりわけ観光業界の企業はどんなビジョンを持っているのか紹介していきましょう。

観光企業の経営理念を紹介


観光業界の各企業はどのような企業理念やキャッチコピーを持っているのか知っておきたいでしょう。
有名な大手企業の経営理念について紹介していきます。

HIS


HISは主に観光ツアーや交通周りの仲介を取り持っており、国内だけでなく世界にも観光ツアーを計画するなど観光業界の企業の中では名前が知られている企業です。
HISは様々な旅行の企画を販売し続けていますが、ホテルへの新しい取り組みやロボット事業、地域事業などいろいろな事業に挑戦をしています。

HISは人類の創造的発展と世界平和に寄与することを企業理念として、キャッチコピーはAlways Be Challenger(挑戦者であれ)という言葉を掲げています。
いつでも挑戦する信念を忘れないようにして日々仕事を行なっています。

KNT-CTホールディングス株式会社


KNT-CTホールディングス株式会社は旅を重視している企業であり、お客様の旅への思いを実現させるため、常識に捉われない発想で挑戦し続けるスピリットを従業員に持つことを念頭に置いています、

キャッチコピーは「世界中の人々の夢のためと感動のために私たちは常にチャレンジします」という言葉を掲げています。
常にチャレンジする精神を持ってお客様への観光ツアーの企画も念入りに行い、また東京オリンピックとパラリンピックオフィシャル旅行サービスパートナーにもなっています。
経営理論として常にチャレンジし続ける精神を表していると言えます。

JAL


JALは日本の中でも大手の旅行航空会社です。
経営のビジョンとして大義名分のある高い目標を掲げており、目的に向かって社員全体が一体感を持って力を合わせて仕事に取り組んでいくことができるようにしています。

JALの経営理念としては「企業価値を高めて社会の進歩発展に貢献する」という言葉が掲げられています。
社員全体が強い採算意識を持って公明正大な方法で努力を重ねて利益を上げ、社会貢献や納税を行うことで社員としての責任を果たすことを意味しています。

そのため、JALは飛行機の中での快適な旅を行えるよう、社員1人1人が責任感を持って行動することができるように訓練しており、常に高いパフォーマンスを出すことができるように会社全体で取り組んでいます。

ANA


ANAも旅行航空会社として大手の企業であり、信念と経営理論を持って仕事を行っています。
ANAのキャッチコピーには「安心と信頼を基礎に、世界をつなぐ心の翼で夢にあふれる未来に貢献します」という言葉があります。

安心と信頼をお客様に約束することが経営の根幹に位置付けられており、社員1人1人が責務として自覚をしています。
また、キャッチフレーズのように「挑戦し続ける」「強く生まれ変わる」「いつもお客様に寄り添う」という気持ちを持ち、社会の発展に貢献することができるようにしています。

様々な価値の創造を通じて自立した強い企業として発展していくことができるように、経営から社員まで1人1人がより良い品質を追求することを目標としています。

旅工房


旅工房は国際交流の発展と世界平和への貢献と同時に、全従業員と関係者の物心両面の充足と幸福を追求しています。
そのため、行動指針としては自分で考えて行動し、創り出すことができるように丁寧かつ迅速な対応を心がけるように訓練しています。

お客様に安心して旅行をしてもらえるように価格の安さだけではなく心地よさや楽しい旅となる計画の提案、また親しみやすさと信頼感を感じてもらうことができるような話し方、感謝を忘れない良い職場づくりにも力を入れています。

旅工房はお客様に快適な旅を楽しんでもらえるように、日々自分たちが楽しい雰囲気でいることができるようにも取り組んでいます。

東部トップツアーズ


東部トップツアーズはキャッチコピーとして「Warm Heart〜ありがとうの連鎖を〜」を掲げています。
人が主人公であり財産であることを経営の根幹に据えており、仕事を通じてお客様や地域の人たちに安心と安全の最上のサービスを提供することができるようにしています。

お客様や社員同士が「ありがとう」という感謝を表していくことができるようなグッドカンパニーを目指しており、コンプライアンスの追求や従業員の成長とチャレンジも積極的に行う企業精神を示しています。

東武トップツアーズは観光する際のお客様だけでなく、社員と観光で提携している企業の方への感謝を持つことをモットーにしています。

エアトリ


エアトリは旅行会社であり、キャッチコピーとしてOne Asia(アジア黄金期におけるリーディングカンパニーになる)という言葉を掲げています。
アジアとして経済圏が巨大化していく中でもアジアをつなぐ架け橋として終わりなき成長を続けて社会のに貢献することを目指しています。

エアトリは常にユーザーファーストを心がけ顧客目線を常に意識しており、丁寧で安心、信頼を何よりも重視しています。
また、改善のプロフェッショナルでもあるように業務改善も積極的に行っており、誰よりも早く仕組化することもできるように心がけています。

アジアの架け橋となれるように、常に考えて行動できるように従業員の教育を行なっています。

名鉄観光サービス


名鉄観光サービスは経営理念として「人と人との出会い」とそこから生まれる「コミュニケーション」を大切にして心豊かな社会の発展に貢献するように考えています。
お客様と心からのお付き合いをしてこだわりに応えるサービスと商品を提供を心がけ、地域の一員として地域の内外で人々の交流の場を創出して地域社会の発展に寄与しています。

1人1人が資質の向上に努めてお互いが信頼することのできる社会を作れるように、名鉄観光サービスはお客様だけでなく社会貢献にも積極的に活動しています。

国内ツアーはもちろん、海外ツアーに関しても旅行計画を立てているので、国内外どちらも旅行するときに利用することを検討できます。

ビッグホリデー


ビッグホリデーは経営理念として「木から森へ」というビジョンを持っています。
これは企業とは1本の木のようなものであり、着実に幹を育てることができればゆるぎない大木となり、それが木々として結束して森となれば計り知れない森となるという考え方です。

ビッグホリデーは組織改革の強化と経営効率の強化、またグループ会社の結束の強化の3つを重視しており、グループとしての総合力を育んでお客様に大きな満足感を味わってもらうように取り組んでいます。

また、お客様のことを考えて社員1人1人が創造性のあるスキルの向上につなげ、お客様にできる限りのリーズナブルな価格と収益を上げられる付加価値の商品を提供できるように実現しています。

創造性がありながら生きた企業であり続けることができるように、ビッグホリデーは経営理念と共に努力しています。

企業のキャッチコピー、ビジョンにより活動している


kc-2
今回は観光サービスを提供している有名な企業について紹介してきました。
企業はただ利益のためだけに活動しているのではなく、社会貢献や世界平和、また地域貢献につながることも念頭に置きながら仕事をしています。

もちろん、常にお客様に満足してもらえるサービスを提供できるようにも取り組んでいます。
このように各企業はビジョンやキャッチコピーがあることで目標を持って仕事ができているため、とても大事な要素と言えるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でファミリービジネスオンラインをフォローしよう!

人気の記事



Copyright © 2020 family business online . All rights reserved.

Copyright © 2020 family business online .All rights reserved.