デジタルマーケティングとは?

digital-marketing

「デジタルマーケティング」とは、インターネットを利用したマーケティング手法です。

インターネット上のアクセス状況や、ユーザーのサイトの閲覧状況などを分析することを中心に様々なデジタルマーケティングの手法が現在では発達しています。

企業でも当たり前のように取り入れられていますが、実際に「デジタルマーケティング」という言葉は知っていてもどういったことを行うのか、詳しく知っており解説できるという方は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、デジタルマーケティングについて種類や方法はどういったものがあるのかを中心に基本的な事について解説していきたいと思います。

 

そもそもデジタルマーケティングとは?

 

デジタルマーケティングとありますが、実際に行うことは従来のマーケティング業務と大きく異なる点はありません。
そこでデジタルマーケティングとはそもそも何なのかについて以下で詳しく解説していきます。

デジタルマーケティングの中心はデータの蓄積・運用

従来のマーケティング業務は、以下のような流れで行われてきました。

  • 市場の調査・分析
  • 広告宣伝による商品やサービスの認知活動
  • 一連の活動の効果検証

デジタルマーケティングは、この上記の流れにデータを組み合わせる事が最大の特徴です。
現在ではインターネット技術が発達し、消費者がどういった経路から商品やサービスを利用したのかが明確にわかるようになっています。

消費者のインターネット上での一連の行動を、デジタルデータにする事で分析し、そのデータの結果を踏まえてさらに効率的なマーケティングを行う事ができるのが、デジタルマーケティングの最大の特徴です。

従来のマーケティングでは、実際に行った広告や活動がどの程度効果があったのかは、アンケートなどでしか知る事ができませんでしたが、現在ではデータである程度具体的に把握する事ができます。

今まで行っていた広告活動などが、全く効果がなく実は違った経路から商品などを利用していたということもデジタルマーケティングによって分かることもあるでしょう。

デジタルマーケティングではどんなデータを実際に使用するのか?

デジタルマーケティングでは、消費者の様々なデータを取得する事が可能であり、そのデータを元に今後の企業としての行動を決定する事ができます。

  • webサイト内での行動(どこをクリックしてどこを読んだのか)
  • 位置情報データ(消費者がどこで見ていたのかなど)
  • 購入履歴データ(今までどんなものを購入したのか)

こういったデータを取捨選択しながら、消費者の行動を予測し適切なマーケティングを行うのがデジタルマーケティングの主な内容です。

 

デジタルマーケティングの種類とは

 

ここまでデジタルマーケティングとはそもそもどういったものか、どのような方法で行われているのか解説してきました。
もっともデジタルマーケティング業務において、どのような種類があるのか詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

そこでここからは、デジタルマーケティング業務の種類について解説していきます。

webサイト・ブログ

デジタルマーケティングでまず考えられる代表的なものは、webサイト・ブログです。

ほとんどの企業はwebサイトやブログを有していますが、サイトもデジタルマーケティングの手段の1つとして活用する事ができます。

例えば、実際にサイトやブログを所有している場合、消費者がどういった経路でサイトを訪れたのか、どういったコンテンツを見ていたのか、実際に購入したものは何だったのかを分析する事で、自社のコンテンツを有用に活用する事ができます。

SEO(検索エンジン最適化)

webサイトやブログは作成した後は、必ず検索エンジンによって検索され消費者の目に触れることになります。

そこで重要になってくるのが「SEO」です。SEOは正式名称を【検索エンジン最適化】といい、あるキーワードを消費者が検索したときに、検索エンジンにおいて検索結果の上位になるようにサイトを最適化することを指します。

検索上位に現れるということは、信頼性のあるサイトであることはもちろんのこと消費者の目に触れる機会も増えるので、上位であればあるほど商品やサービスが人に伝わる確率が高くなるでしょう。

デジタルマーケティングでは、サイトやブログを構築するだけではなくSEOにも着目してコンテンツ作りをしなければいけません。

有料検索広告

有料検索広告は、誰もが一度は見た事があるかもしれません。
例えば、スマホやインターネットを見ているときに、検索したものとは関連性が低い商品・サービスの広告を見たことはないでしょうか。

近年で代表的なのは、Google広告やフェイスブック広告、ライン広告などが有名です。
消費者がどういったところから広告をクリックして、商品・サービスを購入するまで至ったのか具体的な数字を知る事ができます。

また広告の出稿も、自分の設定した予算内でキーワードに適した広告を掲載する事が簡単にできるので気軽にはじめる事ができるデジタルマーケティングの種類といえるでしょう。

動画共有サイト

近年で1番発達してきたのが、動画コンテンツを利用したデジタルマーケティングです。

YouTubeを中心とした動画共有サイトを中心として、動画を投稿する事で様々なマーケティングを行う事ができます。

例えば、自社製品によって消費者の悩みが解決される過程を動画で配信する事で、今まで以上に消費者の心を掴む事が可能です。
もっとも動画コンテンツは運用が難しく、炎上の危険もあるので実際に導入する際は、慎重に準備を行う必要があるでしょう。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、インターネットを利用した際に閲覧したコンテンツと関連した広告が自動的に表示される広告です。

Cookieを利用して訪問者を管理しているので、一度消費者がサイトやブログを閲覧して、その消費者が他のサイトなどにアクセスすると自動的に以前閲覧したサイトなどと関連した広告が表示されるようになっています。

上手くリターゲティング広告を利用することが出来れば、自社のサービスに関心を持っている人を引き込むことが出来るため、成約率をあげることはもちろんですが自社のブランドの認知などにも繋がるので、大きな効果を潜在的にもったマーケティング手法といえるでしょう。

ダイレクトメールマーケティング

ダイレクトメールを利用してマーケティングを行なうのは、おそらくデジタルマーケティングの中でも一番成果を出せる手法だといえるかもしれません。

なぜならメールを送れるということは、すでに消費者と何らかの関係があり、消費者は自社の製品・サービスを認知しているということになります。

また広告の出稿などの必要がないため運用方法によっては、費用が掛からないという点も魅力です。
現在持っている顧客名簿を上手く利用することで、広告をむやみに出すよりもはるかに効果がある可能性もあります。

メールアドレスなどの情報が多くある企業は、広告などのマーケティング手法ではなくメールによるマーケティングを検討してみることもオススメです。

 

スマホ時代にデジタルマーケティングは必須、最適のデジタルマーケティングの手法を選ぼう

 

現在では1人1台のスマホを所有することは当たり前の時代となってきました。

特にスマホでは消費者は様々な経路から商品・サービスに接することになるので、デジタルマーケティングを利用して消費者の行動・心理を理解することは必須といえるでしょう。

もちろん今回紹介したデジタルマーケティングのすべての方法を導入する必要はありません。

自社に最適なデジタルマーケティングのやり方を見極めて、必要な物だけを導入することで余計なコストをかけることなく、マーケティング業務を行うことが出来るでしょう。

ぜひ一度自社に必要なデジタルマーケティングの手法を検討してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でファミリービジネスオンラインをフォローしよう!

人気の記事



Copyright © 2020 family business online . All rights reserved.

Copyright © 2020 family business online .All rights reserved.